脱サラを考えている中でハウスクリーニングの開業を考えていますが、田舎での需要があるかが心配です。

田舎暮らしは中古マンションをハウスクリーニングに限る

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

田舎暮らしは中古マンションをハウスクリーニングに限る

田舎でハウスクリーニングの起業は可能か

サラリーマンも将来性の保証が無くなった今、誰もが一度は企業を考えた事があると思います。
私も例外なく色々と情報を集めながら検討をしています。
その中で一番自分が困っている事は何かを考えるとハウスクリーニングの問題です。
共働きと言う事もありますが家が決して片付いているとは言えず、どちらかと言うと散らかっている日の方が多いと思います。
色々と起業情報として職種はたくさんさりますが、自分が困っている事から考えるとハウスクリーニングにいきつきました。但し、人口が10万人プラスアルファと言う小さな田舎に仕事になるだけの需要があるかが問題です。

お風呂場の天井が水垢で真っ黒になってくると偶に掃除をする時がありますが、真っ黒に汚れたところが綺麗になるのは非常に満足感があります。
その満足感があると、又、別な場所の汚れについても徹底的にお掃除がしたくなる気分にもさせてくれます。
そのような実感からもハウスクリーニングの開業をまじめに考えるようになりました。特に田舎に住んでいるので周りのご近所なども老夫婦の二人だけで生活している人も多く、段々とお掃除も大変な作業となりハウスクリーニング等の需要は増してくると思っています。

又、自分自信の生活においても今日は徹底的に掃除をすると決めた時のアクションとしては苦にならず行動を起こせますが、このお掃除をするぞ!と言う気持ち毎回持続する事は大変な事と思います。
これが仕事としてハウスクリーニングをするのであれば、専門的に設備/道具なども揃え効率よく行えば、リズナブルな価格でのサービス提供も可能かと思っています。
但し、価格を安く仕上げようとすると数をこなす必要がありますので、それまでの需要がこの田舎にあるかが一番のポイントと思っていますが。